暑い盛りになるとアメイジングの魚売り場

暑い盛りになるとアメイジングの魚売り場に人一倍売るウナギ。確かに食欲をそそります。も、資源の欠損が気になります。

それにそもそも、例年高くなって、「土用の丑の日だから」という気軽に選べるおお金ではなくなってきました。

なのでラインナップのものがないか、という、考えて、試しにイワシで作ってみることにしました。

イワシを開いて骨を取って、片栗粉をまぶします。イワシは脳裏といった腹を開けば、あとは手で簡単に開けるので楽ちんです。

フライパンに油を引いて、イワシを焼き、そこにたれを絡めます。たれはしょうゆ、酒、みりん、砂糖、それにイワシは臭みがあるのでしょうがを入れました。

フライパンにふたを通して、蒸しながら時たまひっくり返して、アッという間に火が通りました。はなはだ簡単に、ふわふわした蒲焼ができました。

当たり前の話ですが、食べるって、これはこれで旨いだ。世帯にもおなじみでした。も、イワシの風味はしっかりしているので、ウナギはちっとも違う。

喜ばしいのでお手軽な副食としてしばしば膳に出したいは思ったけど、丑の日に差し出したら世帯にいやがられみたい…。

ので、丑の日に低い魚を取り出す、という私の予定は振出しに戻ってしまいました。

丑の日はやがてだ。さて、どうした売り物です…。
立川で脱毛を予約するならこちらから!